読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓際の景色

書評、釣行記。

【書評】「社長失格」(板倉雄一郎著、日経BP社刊)

板倉雄一郎というアントレプレナーもハイパーネット社というインターネット企業がかつてあったことを今や誰も口にしないし、存在していた事さえ忘れ去られている。私も本書を手にするまで存在さえ知らなかった。 起業家精神に富み、次々と新たな発想を具現化…

【書評】「閉じこもるインターネット グーグル・パーソナライズ・民主主義」(早川書房刊 イーライ・パリサー著、井口耕二訳)

もはや検索と云う行為は朝歯を磨いたり、食事をしたりといった事と同様、ルーティンとなっている。もはやグーグルをはじめとした検索エンジンは社会インフラと言っても言い過ぎではないでしょう。 インターネット黎明期に於いて其れは知の海と称される程に、…