読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓際の景色

書評、釣行記。

【書評】「起業家」(幻冬社刊、藤田晋著)

藤田晋 ビジネス 書評

 サイバーエージェントの代表取締役社長である藤田晋氏の著者。創業期から現在迄のサイバー社の歴史と著者の苦悩の回顧録とも云うべき内容。

 親友である事を公言して憚らないホリエモンこと堀江貴文氏とは、サイバー社黎明期においては受発注の関係であったと云う事実。また、近鉄球団買収騒動における堀江氏の後日談(名乗りを挙げる事は無料)は成る程興味深い。
 「ビジョナリー•カンパニー」を座右の書としている著者らしく「21世紀を代表する会社を作る」を社是とし事業運営をしている。メディア事業をコアコンピタンスとすべく、自らが総合プロデューサーとして牽引し背水の陣で取り組んだアメーバ事業の黒字化への苦闘が面白い。とても上場企業の経営者とは思えぬ奮闘ぶりである。
 アメーバ事業固執への理解が困難であった株主を含めたステークホルダーへの強いメッセージの意味合いも本書にはあるのかもしれない。
 
                                                                                                                                    kindleにて読了