読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓際の景色

書評、釣行記。

【書評】「フラッシュ・ボーイズ」(マイケル・ルイス著、文藝春秋刊)

マイケル・ルイス 文藝春秋 金融 書評

 曲がりなりにも株式取引を齧っている者としてはアメリカの株式市場の昨今の変貌ぶりに驚愕させられる事となった。

 1回の人為的なケアレスミス以外は全戦全勝の超高速取引業者という者が居るようだ。通信ネットワークの高速化を背景に、証券会社(アメリカでは投資銀行)も太刀打ち出来ない。
 秒速どころかマイクロ秒の寸隙をカネで買うのだ。同業者を出し抜く為に取引所に少しでも近い所にデータベースを設置する事に凌ぎを削る。(取引所内に設置する事がもはや一般的となっているのだが)
 光ケーブル敷設に伴い、株式取引はもとより凡ゆる取引、連絡はボタンひとつ、ワンクリックで完結する。常識的には理解し難いが、これより先のアドバンテージ(マイクロ秒)は拠点つまり立地という事になるのであろう。
 公正を謳うマーケットにとっては鬼っ子だが、年々取引シェアを伸ばすこの業者を無視する事が出来なくなったのだ。
 久々のマイケル・ルイスは自身のルーツである金融マーケットの腐敗、公正を求める良書だ。いみじくも、本書発売後アメリカの金融当局が調査に乗り出したようだ。また、日本取引所においてもアローヘッドなる高速決済システムが導入されて数年。はてさて。